HOME>アーカイブ>補助金などの制度を利用すると費用の負担を抑えることにつながります
介護車

補助金を利用して負担を軽減できます

福祉車両を利用する時には、補助金を利用することができます。福祉車両の利用を検討している方は、補助金や助成金を活用すると費用の負担を軽減することにつながります。現在、福祉車両を購入する時に使える補助金のひとつとして挙げられるのが消費税非課税制度です。車いすを車両に乗せたり降ろしたりする時のリフトやスリープに適用されます。また、この他にも回転シートや車いす収納装置などにも制度を利用することができるでしょう。福祉車両は、社会福祉協議会の融資を受けることも可能です。低金利で融資を受けられるため、購入費用の負担を抑えることが実現します。低金利で融資を受けたいという方は、各都道府県の社会福祉協議会に相談してみるといいでしょう。

介助される側の負担を軽減しています

実際に福祉車両を購入したいけれど、どんな種類があるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。福祉車両には様々な種類がありますが、人気を集めているのがスロープが取り付けられている車両です。大手車メーカーからも様々なタイプのスロープ車が発売されています。車いすに乗ったまま車両に乗り込めるタイプとなっているため、介助される側も身体に大きな負担をかけてしまうことがありません。この他にも回転シートが取り付けられた車両も人気です。シートがゆっくりと回転し、乗降時の負担を軽減してくれます。快適に車両に乗り降りできるのも人気の理由と言えるでしょう。

広告募集中